裏専門アダルトDVDショップって本当にあるの?

合法アダルトビデオの店はどこにでもあるけど、裏物ばかり扱う店が存在するらしい。
裏ビデオにスコアをつけて評価
歴史 家庭用VHSデッキの普及と同期して、1980年代から一般に登場した。 創成期(1980年代前半) 日本は戦争で(一説には20世紀初頭、大正期)わいせつな映像媒体に違法フィルム="ブルーフィルム"の文化が存在していた。 "ブルーフィルム"は、プロジェクターなどの高価な大型装置が必要なため、一部のマニアの金持ちの娯楽的な要素が強かったが、小型の個人的な視聴が可能なビデオデッキの普及は、アンダーグラウンドメディアに革命をもたらした"ブルーフィルム"は、すぐに淘汰され、消滅していった。しかし、その流通の方法、撮影のノウハウは、多くの場合、裏ビデオに影響を与えることとされた。 当時は家電販売店がVHSデッキの販売拡大のための"プレゼント"と大急ぎでプレゼントしていたこともあったとも呼ばれている。 1980年代には、必ず裏ビデオ、および目的のために性交を露骨に撮影した作品を違法組織が製作していた。流通され、彼らのほとんどは、複数回ダビングを繰り返した粗悪品(もちろん、著作権を主張することができないことをいいことに作成された無断コピー品です)、画質は良くないした。 最近の研究で、独自の製作裏ビデオの第1号"星と虹の詩"としている。その後、1982年頃に本格的な裏ビデオ"洗濯屋ケンちゃん"(一部の書籍では、裏ビデオの第1号"洗濯屋ケンちゃん"説を載せているが間違いである。)登場すると、"8時だよ全員集合"など、ゴールデンタイムのバラエティ番組や人気アーティストのPVに、タレントが"洗濯屋ケンちゃん"と発言するなどの裏ビデオの存在を公然と言及されていた。 発展期(1980年代半ば) "洗濯屋ケンちゃん"登場前後して、裏ビデオはただのセックスビデオでは、作品の展開で一般的な流れができ映像作品と呼ぶの内容を改善してきた。代表的なストーリー展開は、女性の登場 - 入浴-オナニー - 男性登場 - 前戯 - 性交、パターンでは性交は最後の5分だけ、ということも少なくなかった。現代においては、作品の多くの時間が性交シーンに当てられているので、今考えると非常に短く感じられるこの頃の出演者はプロの俳優ではないので、実生活と同じ感覚で性交していたものとみられる。 裏ビデオ自体が特別なこの時代には、夫婦やカップルなど男女鑑賞するのも当たり前に行われていたので、男性のオナニーシーン(勃起の射程距離)取り入れた作品も珍しくなかった。 また、この時から表ビデオ雑誌で公然と裏ビデオの紹介記事が目立ち始めた。裏ビデオ評論家の人も出て、この裏ビデオにスコアをつけて評価し、購入ノウハウなどの雑誌に掲載されたこともあった。この情報に基づいて裏ビデオを購入しているユーザーも少なくないし、裏には、なんでもいいの頃から、内容中心の志向に変わる時期でもある。
[PR]
# by petpetsan | 2010-07-08 17:22

by petpetsan
プロフィールを見る
画像一覧
人気ジャンル
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧